おしまコロニーの機関誌「ゆうあい」は、毎月、御家族の方々をはじめ、全国各地の施設・関係機関、団体等に配布されております。多くの方々の寄稿文、実践活動やイベント、エピソードなどを交え、みなさまに近況をお伝えしております。

 

2015年4月号



2015年度(平成27年度)にむけて

社会福祉法人 侑 愛 会
学校法人 ゆうあい学園   理事長 大場 公孝

国の障害者基本計画、障害者総合支援法に基づき、現在、平成27年度から29年度までの都道府県・市町村の第4期障がい者福祉計画が作成されています。施設からの地域移行、就労移行が叫ばれる中で、それを進めつつ、障がいの重い方々、行動障害など、個々のニーズを考え支援する必要があると考えています。

虐待防止法、差別解消法、障害者権利条約の批准を受け、知的障がい・発達障がいの方への合理的配慮をした支援を行う必要があります。昨年、法人全体で、全職員への周知徹底をしましたが、今年度も引き続き行いたいと思います。

障がい福祉の報酬単価の引き下げがあります。福祉施設への人材確保が難しく、必要な人への必要な事業ができるよう行政への働きかけが必要です。また、労働環境の改善にも着手していきたいと考えています。

今年度、侑愛会・ゆうあい学園では、法人の第3次5か年計画の2年目を迎えます。



法人理念:「利用する方々から学び、一人一人が必要とするサポートを考え実行する」

使命(ミッション):「法人の支援を必要としている全ての方々が、地域で安心して豊かに暮らせるよう支援する」

方向性(ビジョン):「法人第3期5か年運営計画の策定と実施」


4つの重点課題について、示します。

・地域生活・日中活動の充実は、検討委員会を設け、検討しています。今年度は、七重浜追分地区に、高齢者グループホーム「のどか」、当別1丁目に新「明和荘」を開設。今後、自閉症のグループホームを開設予定です。豊かな地域生活を目指します。

・高齢者対策は、高齢者の実態把握と課題整理を行っています。高齢者施設増築、高齢者のグループホームを皮切りに、福祉施設の方向性と地域で暮らす高齢者について、5か年計画の中で、具体化していきたいと考えています。

・障がいの重い方々の支援は、障がいの重い方の自閉症グループホーム「すばる」、また、5か年のうちに、自閉症施設ねお・はろうの改築を計画しています。昨年より行っている法人内の実態把握に基づき、5〜10年後を見通した入所施設の再編成を行いたいと考えています。

・乳幼児の支援は、地域療育センターの増築を検討しています。発達障がいの方々、重症心身障がいの方々の支援のため、スタッフの増員、セラピーの充実を考えています。また、保育園・幼稚園では、認定こども園への移行についてさらに検討を重ねたいと考えています。

平成29年のおしまコロニー50周年(法人65周年)に向け、平成28年に福祉セミナー、平成28年29年30年に自閉症トレーニングセミナーの開催を計画しています。学ぶことを重視した侑愛会でありたいと思います。

今年も、安全を基本として心豊かな活動をしていきたいと思います。ご支援をよろしくお願い致します。



 

ゆうあい編集委員が行く!訪問記 Vol.9


     星が丘寮 松川・久末

おしまコロニーの出発は今から47年前の昭和42年のことでした。海に山が迫った海岸線を函館から西に30kmほと辿った上磯町(当時)当別の地に、知的障がいのある子どもたちの施設『おしま学園』を開設しました。以来、いかなる世代の人たちでも支援を受けることが出来る体制の構築を目指し、現在その事業所の数はグループホーム等の小規模なものも含めると80カ所を数える、国内でも有数の規模を持つ法人となりました。それは「器」としての施設を超えて、施設の持つ「支えとしての機能」を柔軟に組み合わせ、様々なニーズに多面的に応じていくための歩みの結果と言えるのかもしれません。この「つながり」こそが、おしまコロニー固有の大切な財産となり、その存在証明となっていきました。新しい企画「訪問記」では、ゆうあい編集委員が、この「つながり」を確認、また再発見するための取材に出かけます。ご期待下さい。



今回は、七重浜追分地区(北斗市)にある『おしま菌床きのこセンター』と『侑ハウス』を訪問します。前者は、年間約二百四十トンもの椎茸を生産する、おしまコロニーでも有数の規模を持つ日中活動支援事業所として、在宅やグループホームなどで暮らす方たちに「働く場」を提供しています。一方、後者は、旧『函館青年寮』の全面改築に伴い、移転新築された入所施設です。『おしま菌床きのこセンター』から、ほど近い函館市西桔梗町に開設されました。密接な連携体制の元、利用する方たちの「暮らし」と「日中活動」を支える両事業所を取材しました。

おしま菌床きのこセンター

おしま菌床きのこセンター

寒さは厳しいながらも、穏やかな日差しが射す絶好の取材日和となった二月下旬、目指す『おしま菌床きのこセンター』に到着しました。北斗追分ICから函館方面に向かって、大野国道沿いにある「きのこの看板」を左に折れると、黒いビニールハウス群が河畔沿いに連なっています。奥にも工場のような建物がいくつもあって、その規模の大きさに改めて驚きを憶えます。訪れるのは四年前に参加した「新任職員研修会」以来です。今日は、椎茸の摘み取り体験もさせてもらえると伺っていたので、長靴に軍手、防塵マスクと完全装備で準備ばっちりです。

ハウス部

『おしま菌床きのこセンター』は菌床培地製造からハウス栽培、パック詰め、市場への出荷まで「一貫生産」体制を敷いています。工程ごとに「ハウス部」と「仕込み部」、「パック部」と三つの部門があるそうです。さっそく、吉野課長補佐と米内山支援員の案内で、椎茸の摘み取りを行う「ハウス部」に向かいます。「ハウス部」には現在、二十棟のビニールハウスがあり、その中には約十二万個の椎茸培地があるそうです。中を覗くと、椎茸がびっしり生えた培地ばかりのビニールハウスもあれば、まだ棚に陳列されて間もない新しい培地ばかりのビニールハウスもあります。ビニールハウスごとに順番に生育しているそうで、一日の平均摘み取り量は八百s(一トンを越える日も!)にもなるそうです。すでに、利用者の皆さんたちは各々の持ち場に別れて、黙々と摘み取り作業に取り組んでいます。それにしても、壮観とはこのこと、すごい椎茸の量です。私(松川)もハサミを借りて、摘み取りをさせていただくことになりました。摘み取ること自体は難しくないのですが、大小様々なサイズがある椎茸を、摘み取って良いものか、残すのかを判断するのがとても難しい。一方、利用者の皆さんたちは実に手際よく、かつ丁寧に作業を進めています。まさにその風情は職人そのもの。質問するのも憚(はばから)れるほどのオーラを感じます。それでも、恐る恐る質問すると「それだら、切ってもいいんでないかい」と優しく教えてくれたのでした。

ハウス部

「ハウス部」では、椎茸の摘み取りの他にもたくさんの仕事があります。椎茸培地の「水漬け」や新培地の運搬・陳列、散水・カビ落とし、根っこ切り等です。その中の「水漬け」作業を見学しました。「水漬け」とは、椎茸培地に十分な水分を補給して生育の促進を図るために、椎茸培地をカゴに入れて水槽に沈めて水圧をかける作業のことをいいます。重労働の上、専門性が求められる工程ですが、汗がしたたり落ちる利用者の方の横顔からは、この作業に対するプライドが垣間見えた気がしました。

ハウス内

そうこうしていると、見覚えのある利用者の方たちの姿がビニールハウスの外に見えました。見覚えがあるどころか、私が所属する『星が丘寮』の方たちです。『おしま菌床きのこセンター』の敷地の隣には、『星が丘寮』の従たる事業所(生活介護事業)が併設されており、現在、十一名が利用しています。そこでの主な作業種は、新しい培地を棚に並べたり、廃棄する培地をビニールハウス内から搬出する仕事です。棚に並ぶ椎茸培地は全て規則通りに並べられ、作業手順や作業工程などもわかりやすく工夫されています。そのため、どの方も非常にスムーズに作業を進めることができているようです。話には聞いていましたが、普段「暮らし」の場面しか知らない私にとっては非常に新鮮な光景で、また一つご本人の理解を深めることの出来た貴重な機会となりました。

仕込み部

次は「仕込み部」に移動します。ここでは、椎茸培地が作られています。「仕込み部」の工場の外にはおがくずの山があります。おがくずは長万部町にある木工所から仕入れているそうです。このおがくずが、椎茸を育む培地の原料となります。工場の中では、このサラサラしたおがくずを、固形の培地にしていく工程を見ることが出来ます。フスマ等の栄養分を加えた後、底面十三pから二十pの袋の中に成形します。一定の重さにするために、機械計測だけでなく、利用者の方たちの目利きがものを言うそうです。その後、台車に載せて、雑菌を残さないように高温の殺菌釜へ入れます。クリーンになった培地は放冷室で寝かせ、その後植菌室にて種菌を注入していきます。ここで初めて椎茸の命が宿った培地の原型が出来たことになります。これら「仕込み部」における、衛生管理が徹底された一連の工程で出来る椎茸培地は、業界内でも「おしまブランド」として信頼がとても高いそうです。その後、呼吸孔を残して密封されて、培養棟にて百日間ほどじっくりと寝かせることになります。椎茸培地は四十日ほどで白色に変わり、その後褐色の皮に包まれた固形の椎茸培地になって、ビニールハウスに運搬される日を待つこととなるのです。

パック部

最後に「パック部」に向かいます。収穫された椎茸はここに運ばれて来て、パック詰めされることになります。建物の中はとても広く、ベルトコンベア等の機械を使用して包装作業が行われています。この工程で最も重要なのは、椎茸の選別作業と言えるでしょう。サイズはもちろんのこと、肉厚のもの、傘の開いていないもの、品質別に分けられていきます。更に、一見商品になりそうな椎茸でもよく見ると傷んでいることもあるため、何重にもチェックを重ねてパック詰めをしているそうです。集中力や根気が必要と思われる作業ですが、一人ひとりの利用者の方たちに適した配慮が施されており、皆さんの真剣な表情や、時折見せてくれる笑顔が印象的な作業場でした。パック詰めされた椎茸は、種類ごとに梱包され、その日のうちに空港に運ばれて西日本方面の市場に空輸されているそうです。

パック部

あっという間にお昼の時間となりました。三山副園長に今日一日の感想を述べた後、事業所の概要や開設の経緯について伺うことも出来ました。食堂に行くと、どの方が職員で、利用者の方たちなのか見分けがつきません。私たちの目には、「福祉施設」であることを忘れさせるような、「一大きのこ工場」における労働の合間のお昼休みの風景のように映りました。

侑ハウス

侑ハウス

お昼休憩を挟んで、今度は「暮らし」を支える入所型施設『侑ハウス』に向かいます。距離にして約一q、車だと五分もかからない場所にありました。淡い黄色の外観が印象的な建物です。「どこかで見覚えがあるな…」と眺めていると、鎌田課長補佐が「石川地区の『函館青年寮』とほぼ一緒の造りだからね」と教えてくれました。「まず、生活介護(日中活動)部門の活動の様子からご紹介します」と促され、『侑ハウス』敷地内にある作業棟の中に入らせてもらいました。

『侑ハウス』は今から三年前の平成二十四年四月、新体系に移行しました。日中の作業活動の支援(生活介護:主たる事業所二十名+従たる事業所二十名)と、夜間の生活全般の支援(施設入所支援四十名)を行っています。見学した作業棟では、主たる事業所の活動である「乾燥椎茸作業」が行われていました。摘み取った椎茸を選別した際に出てくる規格外の椎茸(形が歪であったり、変色したりしているが、食べるのに何の問題もない物)を新鮮なうちにスライスして乾燥させて真空パック詰めする、という仕事内容です。午前中に取材した『おしま菌床きのこセンター』の仕事と比べると、同じ椎茸を扱う仕事ですが、体の負担が少ない作業種と言えそうです。しかし、椎茸の足の部分と傘の部分をハサミで切り分けたり、傘だけになった椎茸がしっかりムラなく乾燥するようまんべんなくトレイに広げたり、と細やかさが必要な仕事のように感じました。出来上がった製品は、LサイズとMサイズの二種類があります。また、従たる事業所では『おしま菌床きのこセンター』の敷地に隣接するビニールハウスで「椎茸栽培作業」を行っています。仕事内容は先に紹介した「ハウス部」と同じ、椎茸の摘み取りなどです。

乾燥椎茸作業

最後に、暮らしの場である『侑ハウス』の中に入りました。旧『函館青年寮』の改築を機に、分離、新設されました。全て個室というプライバシーに配慮した生活環境で、利用される方たちの暮らしを支える施設です。「現在は先ほどご紹介した作業棟がありますが、開設当時は敷地内に日中活動の場を有しない、とても珍しい施設だったんですよ」と話してくれました。建物は、管理棟を中心に「ちぐさ寮」二十名、「やぐるま寮」二十名と2つの棟に分かれています。利用される方たちのニーズや状態に応じて寮構成に違いがある、とのことでした。

そうしていると、リビングの窓から働きに出ていた方たちを乗せるバスが到着するのが見えました。バスから降りてきて、ホールにいた私たちに「今日も頑張った、疲れた!」「午前中に来てた人だ、まだいたの?」と声をかけてくれます。一日の仕事を終えて帰宅した男性たちは、仕事中の逞しい顔つきからは一転しています。暮らしの場で見せてくれたその表情は優しく、柔和な笑顔で溢れていました。

侑ハウスリビング

働くことって素晴らしい。職員も利用者の方たちも、今日一日労働できる喜びを噛みしめ、共有している姿を強く感じた取材となりました。ありがとうございました。



おしま菌床きのこセンター

事業種別:多機能型事業所

開設:平成11年

定員:60名

    生活介護  50名

    就労B型  10名

侑ハウス

事業種別:障害者支援施設

開設:平成13年

定員:40名

    短期入所2名

top

前のページにもどる