北海道北斗市の『ゆうあい幼稚園』は自然のなかでの遊びを大切にし、子どもたち一人ひとりが豊かに育つ統合保育を実施しています。

交通アクセス

TEL 0138-49-1800

教育方針

幼児期に必要なことは、安心できることです。自分は愛されている、認められているという思いが、これからの成長の基礎となります。早くからの競争やその成果をくらべることは、自分を信じる気持ちを失うことにもなりかねません。私たちは、一人ひとりの子どもの良さを愛し、それを伝えて「大切な自分」という思いを育てます。

そのなかで大切なことが「遊び」です。子どもが目を輝かせて取り組んでいるとき、脳の中ではものすごい勢いでシナプス(回線)が生まれているといいます。それがこれから迎える児童期、青年期の基礎になるのです。何歳からでも大学に入りなおすことはできますが、人生でもう一度幼稚園に行くことはできません。この時期でしか経験できない、楽しくて楽しくて笑いが止まらないような経験を、1回でも多く過ごして、心身のすこやかな発達、人生80年の土台となるような心と体を作りたいと思っています。

もう一つ幼児期に大切なことは、「きちんとした生活習慣を身につける」ことだと思っています。これは大人になって身につけるのはとても大変です。挨拶、感謝の言葉を伝えること、食事や睡眠をきちんと取ること、子どもは子どもなりに社会のルールを守ること。そうしたことを身につけて成長していってほしいと思います。それが強制でなく、気持ちの良い園生活のなかで、「こうすると素敵だね」といった言葉がけから育てていきたいと思っています。遊びのなかで「学ぶ」といことをどう形作っていくか、丁寧に検討を重ねて参ります。

教育目標

  • 健全な心身の基礎を培う
  • 自立と協同の態度及び道徳性の芽生えを培う
  • 豊かな心情や思考力の芽生えを培う
  • 喜んで話したり聞いたりする態度や言葉に対する感覚を培う
  • 豊かな感性を育て、想像力を豊かにする
kodomo

ねらい

  • 生き生きと遊ぶ子ども・すこやかでやさしい子ども
  • 自分の気持ちを伝えられる子ども
  • よく考え、やりとげようとする子ども
  • みんなと力を合わせることのできる子ども
dummy

特色

遊びを大切にした保育

幼児期の人間力は遊びから。クラス集団では、基本的な生活習慣を身に付けると共に、「いきいきできる保育」「わくわくする保育」を目指して様々な保育が展開されています。
一方、自由に遊びが展開できる時間を保証し、「遊びたい」という欲求がわき起こり満たされる環境を整え意欲や人とかかわる力、想像力、健康な体を育てる保育を探求しています。

syasin

異年齢でかかわる保育

同年齢でのクラス編成をしつつ、5歳児と3歳児のかかわりを生活の場面で取り入れながら、より一層の「育ちあい」をめざします。
4歳児も、自由遊びや行事の中で色々な年齢の子とふれあい豊かな人間関係を広げていきます。

syasin

統合保育(特別支援保育)

開設当初より障がいをもったお子さんもお預かりし、障がいをもつ子も、もたない子も共に認め合い、助け合い、育ちあう統合保育を実践しています。
定員15名で、クラスとしての生活を主としつつ、その子の必要に応じて小集団保育、個別保育を実施しています。小集団保育では、ちいさな集団の利点を活用し集団のルールを学ぶよい機会、体の使い方を丁寧に学ぶ機会、色々な体験・経験の機会としています。
保護者の方とは、毎日の連絡帳のやり取り、随時電話連絡、家庭訪問、年に2回の目標の確認などスタッフと密に連絡を取りつつ、親子遠足、親子宿泊などを行い、保護者の方同士の関わりを深める機会としています。

syasin

園外保育(五感へ働きかける保育)

自然とのふれあいを大切にし、様々な体験の機会を提供する園外保育をたくさん取り入れています。また、演劇、人形劇など本物の芸術にふれる機会を設けています。

syasin

保護者の声「学校評価の」自由に記入するコーナーより抜粋

最近は特に外で安心してのびのびと遊ぶことが難しくなっていると感じています。

園で毎日安心してのびのび遊べることは子供たちにとって大切なことであると考えます。

幼稚園に入ったころより、「人」=家族以外の方に話しかけられるようになりました。

きっと幼稚園でちゃんと話しかけやすい態度で接してくれているからだと思います。

それを友達にもできるようちなってきていると思います。

何かの行事で園に行き、子供だちをみるといつも楽しそうに元気よく遊んでいるのが目に入ります。また、何をしていいのかわからないお友達に声をかけてくれる子もいて、とても優しさを感じました。いつも「○○くんのおかあさんだ!」といって元気よく挨拶をしてくれる姿が、とても良い印象をうけます。

以前兄弟を通わせていた幼稚園と比べると、戸外で思いっきり遊んでいる様子がみられます。

他の園については正直わからないので比較のしようはありませんが、お迎えの時などに先生のほうからわが子の園での様子を(どんな小さなことでも)伝えてくださったり、何か一言かけてくださったりするのはすごいなと思っています。そのすごく小さなことが、親にとってとても大切な情報だったことも多々ありました。ものすごく園児個々について把握してくれている園ではないかと思います。

もちろん改善の御意見もありました。様々な御意見を参考にしつつよりよい園運営をしたいと思っています。

入園案内 預かり保育くれよん ほっぺちゃんクラブ ゆうあいブログ

交通アクセス

【住所】

〒049-0101 北海道北斗市追分7丁目8番12号
TEL 0138-49-1800FAX 0138-49-1657
函館バス 「萩野」バス停から徒歩10分
函館バス時刻表

ページトップへ戻る